芸能プロダクション

八木下重義(メディア窓口)

 

地震予兆/自然災害 研究家

一般社団法人地震予兆研究センター(EPRC)
理事長・センター長    
八木下 重義  

  • 地震・自然災害のメカニズム
  • 各種膨大なデータから解析した地震予兆を発信
  • 企業におけるBCP(災害対策・復旧計画)の提案
  • 企業地震保険の構築

<略歴>
元テレビ局員。人気番組のプロデューサーを経て、独立。
広告代理店・番組制作会社・マーケティング会社等を経営する傍ら、1998年からNASA「International GNNS」のデータを用いて日本周辺の地殻変動値を解析。
2004年スマトラ沖地震では先に観光に旅立った妻娘が被災、2011年東日本大震災では妻の実家親戚が被災し、翌日には被災地へと入る。地震被害を目の当たりにし、経営するすべての会社を売却。
1億以上の資金を投資し国際特許取得済みの解析プログラム・データベースを完成させ、地震予兆レポートを賛助会員企業向けに配信。現在までに延500社以上と契約。(賛助会員一覧http://eprc.or.jp/member)

<業務概要>
現在、世界中の多くの公的機関が様々なデータ観測を行っている、形式や値が観測機関によって異なるため、複合的な統合解析がなされていない。そこで、世界中のビッグデータを「AI」を用いて3次元上で統合解析し、様々な自然災害の「事前把握」を目的に研究開発を進めている。実際、東日本大震災前には 1か所所月以上前から東北地方の通常とは異なる地殻変動を捕捉。これらのデータ解析から得た「地震予兆解析レポート」を週1回発信し、これまでM6以上の地震的中率は82%である。
誰もが見られる天気予報のように、大地震発生24時間前までの予兆を発表する『地震予報』を開設することも目標の一つ。また、災害時に企業が出来るだけ早く復旧し稼働することが、全ての復旧の加速につながるとし、【企業BCPソリューション(災害対策・復旧計画・地震保険 等)】を構築・提案している。
人類の死因の1位は地震・台風・洪水などの自然災害であることから、自然災害予兆分析のためインドネシア政府との共同研究も開始。

 

<これまでの出演>
フジテレビ「FNNスーパーニュース」
福岡RKBラジオ「仲谷 一志・下田 文代の夜なおし堂」 他    

 

 http://eprc.or.jp/

 

happyface

PAGETOP
Copyright © ハッピーフェイス All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.